香水はダメ?女心をくすぐる香りのまとい方

f:id:Amarettotonic:20140924172519j:plain


◆思っている以上に女性は香り、気にしてます

男が思っている以上に、"香り"は重要です。
男は視覚的な生き物とは良くいったもので、男は視覚から入ってくる情報を優位に見る傾向にあります。

これと同様に、女性は聴覚と嗅覚優位な傾向があります。つまり男性陣には朗報で、外見が良くなくても声と香りを押さえてしまえば女性から見て魅力的になることが出来ます。

参考:

 ※恐縮にも俺に好意を抱いてくださる女性の方々は、俺の声と香りを好きといってくれることが多いです。俺は外見が良い方ではないので、経験則的にも当たっている気はします。

 

◆香りは香水でつけてはいけない!

香りと言えば香水がぱっと思い浮かぶかもしれませんが、俺から言わせればこれは大外れです。 女性は男性より嗅覚が発達しているので、あなたが付けてる香水はかなりの確率でくさいと思われていることでしょう。

重要なのは「清潔感」と「さり気なさ」。高校生大学生御用達系の物は人気製品が多いですが、香りが強い上に何度もプッシュするからひどく匂います。香りが蒸れてしまうわけです。 だから、自分のまとうべき香りをある程度上手く扱えるようになるまでは、匂いのキツくなりがちな香水は敬遠しておいた方が良いでしょう。 香水は周りに人に良い印象を与えるためのものですので、自分の好みではなく、周囲、特に女性の感性にあわせるようにすることが必要です。

では、どんな香りをまとえばいいのか。以下、女心をくすぐる香りのまとい方を紹介していきます。

◆服にさり気なく香りを付ける 

洗濯時に使う香りは、洋服にさり気なくついてくれるのでオススメです。特に柔軟剤のダウニーはわりかし万人受けするのでいいと思う。ふわっと暖かな香りに包まれます。香水と違って容量を間違えて臭くなることもまずありません。洗剤でボールドとダウニーのコラボの製品があって、俺はそれを使っています。

それ以外だとソープフレークス香りシートもオススメ。両方ともクローゼットやタンスの中、タオル置き場などに忍ばせておき、開けたときにふわっと素敵な香りを香らすものです。俺はカットソーを入れているシェルフにSabonのソープフレークスを入れていますが、さりげなく香るあまい匂いが心地よい。それ以外でもP&Gや花王から出ている香りシートも同じように使えますが、こちらは女性的な香りがするものなので、身に着ける衣服につけるよりも、使う場合はタオルなどに使うと良いかも。

※Sabonのソープフレークスのリンク見つからなかった。
Sabonのお店で買えるので直接行ってみてください。 
もしくはいい感じのせっけんを買ってきて砕いて布でくるみ、タンスに入れておくのでもいいかも。オススメはローズドマラケシュあたりかな。

 

◆普段使いのパーソナルケアで香りを付ける

 

◆口の香りを爽やかにする

意外と侮れないのがこの観点。健康的な食事をしていれば息が臭いというのはあんまりないんだけど、やっぱり餃子や焼き肉を食べることもあるだろうし、気にしてる人は多いです。 そんなときはコンビニでお手軽に購入出来る、マウスリフレッシャーミントガムなんかを忍ばせておいて口に放り込むと良い。イギリスではみんなミントのタブレットを持ち歩いていましたし、やっぱりエチケットなんでしょうね。

◆体臭を弱める

ちなみに体臭は根本的に腸の健康度に比例します。日常から口臭など体臭に悩まれている方には、まとう香りによるごまかしでけではなく、体質改善をお勧めします。健康という観点からも腸を整えることは非常に良いので、俺は毎朝納豆、もずく、ヨーグルト、ヤクルトを摂っています。ただ、一般的に腸にいいと言われているものが本当にいいとは限りません。ヨーグルトの乳酸菌は9割以上胃で死滅して大腸まで届きませんし、また、ヨーグルトは動物性乳酸菌であり、日本人の体質に合わないため効果がない場合もしばしば。腸が健康になると身体の免疫も上がりパフォーマンスも向上するので、香りの観点も併せて、自分の腸を健康に保つ方法を知ることをお勧めします。 ちなみにこの本には食事だけではなく、運動、生活習慣など様々な話が載っています。毎日のランニングなども大事です。

◆シャワーの時に香りをつける

 

香水なんかつけなくとも、さりげないふわっとした香りを楽しむ方法はいくつもあります。その筆頭がシャンプーコンディショナーだと思います。 俺はここにはあまり詳しくないのですが、とりあえずお世話になっている美容師さんオススメのナプラのシャンプーを使っています。これも、というか俺が使っているものは大体そうなんだけど、ふわっと身体の芯から暖まるような香りに包まれる感じの使用感です。通っている美容師さんに髪の健康の観点から良いものをお勧めしてもらい、その中で気に入った香りがあればそれを使ってみるのも良いかもしれません。

 

昔はロクシタンのファイブハーブスを使っていました。香りが翌日のシャンプー時まで続くし、アロマの香りが心地よくて最高でした。でも美容師さんに上記のシャンプーを勧められたのと、値段が多少張ることでやめてしまいました。とはいえ、これは女性にも好んで使っている方は多いんじゃないかな。ゼラニウムやアンジェリカ、ラベンダーなど女性ホルモンに働きかける系の精油成分が入っている香りになるので、女性と接する時に男性諸君に予想外のメリットをもたらすアイテムになったりして。笑

 

ボディースクラブなんかもしっかりしたものを使えば肌に香りが残ります。俺はボディースクラブに関してはあんまり詳しいわけではないんだけど、とりあえず俺が使っているものを紹介しておきます。

このSabonのスクラブは香りも物凄い濃厚で楽しめるのに、残り香はあっさり身体についてくれる。香りの強さとして丁度良いアイテムです。ジャスミンのあっさりした香りはリラックスする効果もあり、落ち着いた雰囲気の男性に見られたいならオススメ。

 

自分で使うより女の子にプレゼントであげるのに良いかも。自分では5000円のスクラブなんて買わないし、貰ったら飛び上がって喜んでくれると思う。個人的にはジャスミンもいいけど、パチュリラベンダーも好きかな。 

 

◆香水で香りをつける

香水は最初に書いた通り、非常に難しい。香り初心者は香水を使わない方がいいですし、使うにしても1プッシュで十分。つける場所をしっかり体温が高くなりやすいところ(肘の裏、首の付け根など)にしておけば少量でも香りは十分立ち上ります。

オススメはあっさり系だとルチアーノソプラーニのソログリーンがオススメ。正直女性目線で男性の香りを選ぶならこのラインが無難な気がする。爽やかな感じだし、あまり使っている人も多くないと思う。 あとは柑橘系やジャスミンの香りとかもベタだけどあっさりな印象で良いかな?俺はジャスミンは好んでよく使ってました。

圧倒的に俺が好きなのはこのロクシタンのオードトワレダンディーなムスクの香りがします。でもつけ過ぎたくなっちゃってくさくなりやすいので、絶対に1吹きでやめてください。以前フランス滞在中にエマヌエルってイケメンフランス人の香りがあまりに素敵すぎて、なに使ってんのーって聞いて教えてもらったアイテムです。アホなことに買いだめしてしまって、まだ1つ開けてないのがあるので欲しい人は言ってね。笑 

ロクシタンのオードトワレは季節ものだったようでもう売っていないです。俺は今似たようなちょっとフルーティーなムスクの香りでこれを使っています。

◆ハンドクリーム・リップバームでも十分香る

 

 

香りがまだ足りないかな?とついついつけすぎてしまいますが、周囲からすると「つけすぎだよ!」ってくらい臭くなっていることもよくあります。その原因は大きく2つ、男女の嗅覚の差と嗅覚が香りに麻痺してしまうことです。まず前者は先に話したとおり、男性の方が嗅覚が弱いので女性にはつけすぎに感じてしまうパターン。そして後者ですが、嗅覚はずっと同じ香りを嗅いでいると、香りに慣れてしまってマヒしてしまうのです。香水をつけている時を想像してみてください。つけてもつけても「もう少しかな?」となるときはありませんか?その香りが当たり前に感じてしまい、香りが弱く感じてしまった結果がそれです。

そうならないために、そもそもつけすぎることのできないハンドクリームやリップクリームなどを使う(ベタベタじゃ生活にも困りますよね。笑)というのも1つの方法です。

ですので、こういう首裏などに塗るクリームなどもありますが、使うときは容量に注意です!人差し指に1センチの円を描くくらい取れば十分香ります。(ちなみにこれ俺の愛用品です。)

まあ、こんな感じです。香水以外にもいろんな方法があるよってのと、控え目にっていうのを頭に残しておいてもらえればと思います。